上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと猩影若が書けた…。
出来はともかく、何とか書けたので、またしても金曜になってしまった感想をば。

以下、ネタバレのため追記。
[More...]

来た来た、土蜘蛛戦!
打ちのめされてる若が…ああっ! もう胸が痛いっす…。
その後の泣いてる氷麗、綺麗で美しく描かれているがゆえにまた痛ましい…。

傷を負ってる淡島を気遣う黒とか、萌えポイントの高いオリジナル挿入ありがとう。
若を心配するゆらが原作よりも濃く演出されてていい感じ。

昼と夜が混じり合ってるシーン。
本当に『混じってる』ことが感じられて、声的にも絵柄的にも原作を上回るくらい好きなところ。
氷麗が人質にとられて、やっぱり若の中で氷麗は大事なんだなって思った。
多分、同じ側近でも他の面子だったらあんな風にはならなかったんじゃないかな。

気を失った若を見つめる鴆様が!
もう何、あの切なそうな表情!!
いや、本当にただ思いやっていただけだとは思うんだけど、何だろう…もやもやするよ。
ああ、というより、鴆様久々の台詞あり!
若の傍に陣取ってても、台詞なかった時があったから寂しかったよ!

さてさて、若の意識がない間に場所は移動。
牛鬼の畏、描写が怖い!
「ああうん、これが“畏”なんだな」って感心した…。

ついに鬼纏の修行開始。
鴆様との鬼纏のシーンが楽しみだw
展開が早いから次回には見られるかもと超期待!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。